最新記事

日本の教育の具体的な内容は、主に文部科学省が決めています。
ゆとり教育などを決めて実行したのも、文部科学省です。
一時期バッシングが続いて、ゆとり教育は撤回されましたが、文部科学省にいいイメージを持っていない人も多数残ってしまったという事実があります。
ただ、文部科学省は日々、しっかりと仕事をしています。
優秀な人間しか入ることができないので、それなりに賢く、いい政策を立案して実行もしているわけです。
ただ、いい部分についてはあまり報道がされることはありません。
ですから、勘違いをしてしまう人も多いわけです。
ただ、教育の内容は、国家の行く末すら左右する重要なことですから、バッシングも叱咤激励の一つなのかもしれません。
ただ単に叩きたいというだけのことではないのかもしれません。
最近は、道徳の科目化が話題になっていました。
国が決めた道徳を子供たちに押し付けるのはいかがなものかという議論が激しく巻き起こったのも記憶に新しいです。

家庭教師 口コミ

勉強嫌いな子ほど伸びる家庭教師

社会人から栄養士を目指したい方へ

勉強を完全サポート!江南の塾

関連記事

  • 子供の教育では、ひとりひとり個性があるので、一般に成功している方法を適用してできるというものでもあり …

    続きはこちら

  • 子供を教育する時は多くの費用がかかるため、事前に相場を確かめて金銭計画を立てる方法が望ましいです。 …

    続きはこちら

  • わが家には小学生の子供が二人いるのですが、将来の教育費のことを考えると頭が痛くなります。
    おそ …

    続きはこちら